booknext

簡単手軽に本作り!冊子の印刷はおまかせ!

050-3852-3490

booknextブログ

ブックネクストのスタッフブログです

2017年8月5日

Word原稿とClipstudioの挿絵を一つのPDFにまとめる方法

文章はWord、挿絵はClipStudioで入稿できるのかという問い合わせがありました。

今回はWordデータと挿絵を合わせたPDFデータの作り方についてお届けします。

ブックネクストではOfficeのWordや一太郎などで作成された小説の作品は基本的にPDFに変換してご入稿いただいております。(※画像で入稿していただくことも当然可能です)

そして現在のシステムの仕様上として、PDF入稿は1ファイルのみとさせていただいており、文字や挿絵などは全て一つのPDFにまとめて入稿していただく形となります。ブックネクストはこうしたデータのチェックを事前にシステムでチェックすることで低価格を実現しております。

手順について

1.Wordで小説を書き出し(塗り足し込みサイズ)

2.ClipStudioで書き出した絵をPDFに変換(塗り足し込みサイズ)

3.書き出したそれぞれのPDFを最終的に合体。

PDFを作る

WordとClipstudioから書き出した画像データをPDFにする方法について説明をします

PDFといっても色々なやり方がありますが、今回は「CubePDF」というソフトを使ってPDFを作成していきます。

CubePDF

CubePDF は、Web ブラウザや Microsoft Word, Excel, PowerPoint と言った様々なアプリケーションから、PDFに変換できます。

CubePDF Utility

PDFのページ順序の変更、結合や分割といったページ編集などが行えます。

まずはこの「CubePDF」と「CubePDF Utility」の二つのアプリケーションをインストールしてください。

それぞれをインストールが完了しましたら、今度はPDFをサイズ通りに出力するための出力設定を行います。

出力設定方法


1.「コントロールパネル」を開いて「デバイスとプリンターの表示」を選択。

2. プリンターのアイコンから「CubePDF」を選択、右クリックでメニューを出して詳細設定を選択。

3.詳細設定を選択。

4.用紙サイズから「PostScriptカスタムページサイズ」を選択。

5.作成する作品のサイズを入力して「OK」を選択。
A5サイズ:154×216
B5サイズ:188×263

6.最後に「適用」を選択して出力設定は終了です。

PDFを作成(出力)

WordデータをPDFにする方法です

作品となるWordデータを開き「印刷」を選択。プリンターに「CubePDF」を選択、用紙サイズを「PostScriptカスタムページサイズ」を選択。これで印刷をしてCubePDFの画面が出たら「変換」を選択して終了。

 

Clipstudioの画像をPDFにする方法です

Clipstudioの作品を書き出します。(※書き出しのやり方についてはこちらをご覧ください)
写真をPaintやフォトなどのWindowsのアプリで開きプリントを選択してください。
プリンターに「CubePDF」を選択、用紙サイズを「ユーザー設定サイズ」を選択。これで印刷をしてCubePDFの画面が出たら「変換」を選択して終了。CubePDFで出力する際に解像度は600dpiにしてください。

PDFを編集(挿絵ページの追加)

「CubePDF Utility」を使ってPDFのページ追加を行います。「CubePDF Utility」を起動して、文書のページを開きます。
そして上段メニューにある「挿入」を選択して、絵柄となる挿絵のPDFを選択して挿入してください。
任意の場所にドラッグ&ドロップでページを移動させ保存をすれば完成となります。この状態でブックネクストにて入稿していただくと問題なくデータを入稿できます。複数挿絵がある場合でも手順は同じく絵柄をPDFに変換し追加すればいいので簡単にページの出し入れや入れ替えなどが行えます。

 

色々と書き込みましたが手順はいたってシンプルです。

作成したWordや挿絵の画像をそれぞれPDFにして変換し、それを結合して最終データを作り上げます。しかしこれは本文データのみのお話です。

表紙データは背幅の関係上サイズが流動的になるため、基本的に画像データのみの受付となります。仕様に合わせたサイズでご入稿ください。ブックネクストでは背幅込みのテンプレートを作家様のページ数と紙の仕様に合わせたサイズを自動で作り出すシステムを採用しておりますので、そちらを利用すればあとは絵柄を貼り付けるだけの作業で簡単です。

この機会にぜひ小説などをブックネクストでお試しください。

一覧へ戻る