簡単手軽に本作り!冊子の印刷はおまかせ!

booknextブログ

ブックネクストのスタッフブログです

2018年10月1日

一太郎で入稿しよう!

どうも😃ブックネクストの中の人です‼️

今回は一太郎📄を使った入稿方法について簡単に説明いたします。

一太郎といえば、小説😊。最近ではかなり✏️物書きさん向けに機能が満載な一太郎も支持が増えてきたように思えます。

気になる最新の機能についてはこちら

公式サイトにもある通り、同人向けの機能や細かい設定などがわかりやすく🤙解説されております😀今回一太郎2017をベースにした📝PDF入稿のやり方をご紹介します‼️

一太郎でPDF書き出しする手順

この手順は一太郎2017を使って作成しております。
※一太郎2018以降は用紙サイズを塗り足し分を大きくする設定があります。詳しくはこちらをご覧ください。

STEP.01
編集が完了した原稿データの一太郎を開いてください。今回のデータサイズはB5サイズをベースにしております。

STEP.02
まずは塗り足し込みの文書サイズを変更しましょう。メニューから「文書スタイル」を選択してください。

STEP.03
「用紙」を選択してください。

STEP.04
「新規登録」から「自由サイズの用紙」を選択してください。

STEP.05
塗足し込みのサイズを入力し、用紙名と合わせ入力してください。
B5サイズ/ 188x263mm
A5サイズ/ 154x216mm

STEP.06
STEP.05で登録した用紙を選択してください。これで用紙サイズの変更は完了です。

STEP.07
今度はPDF出力時にサイズが変わらないようにするためのサイズ設定です。

STEP.08
プリンタ名「JustSystemsPDF」を選択しプロパティ選択します。

STEP.09
詳細設定を選択

STEP.10
用紙サイズから「PostScriptカスタムページサイズ」を選択してください。

STEP.11
カスタムページサイズにて塗り足し込みのサイズを入力してください。

STEP.12
入力が終わりましたら「終了」のボタンを選択してください。

STEP.13
これで設定は完了です。後は「メニュー」→「PDF保存」を選択すればPDFが完成します。

STEP.14
最後はAcrobat Readerにて書き出したPDFサイズの確認を行います。「ファイル」→「プロパティ」を選択してください。

STEP.15
ページサイズが塗り足し込みのサイズになっていればOKです。マイページよりご入稿へすすんでください。

 

いかがでしたでしょうか❓一太郎での入稿手順についてまとめましたが、CubePDFを使っても可能です。

年々進化を遂げている一太郎も今後は要注目ですよ😄〜‼️

ブログの一覧へ戻る