booknext

簡単手軽に本作り!冊子の印刷はおまかせ!

050-3852-3490

WORDデータ入稿マニュアル

Word形式でのファイル入稿は基本的には受け付けておりませんが、PDFにて出力していただくことで入稿が可能となります。
PDFでの入稿は背幅の関係もあり本文のみとなります、表紙は基本的に画像データでご入稿ください。

Wordデータは、ページ設定・デザインとも必ず「塗り足し込みの原寸サイズ」で作成してください。
各サイズごとにテンプレートを準備しております。

PDFファイルの複数入稿には対応しておりません。複数のPFDがある場合は一つのファイルに結合してからご入稿ください。

ページ設定について

【テンプレートをご利用の場合】

用紙サイズ以外の設定(余白など)は自由に変更されて構いません。
余白はフチからある程度空いている方が、文字切れやノド側に綴じ込まれて読みづらくなることもなく、仕上がりが綺麗です。
厚めの本を作られる場合は、ノド側を15mm程度空けられることをお勧めします。

【テンプレートを利用されない場合】

ページ設定の用紙サイズを「サイズを指定」を選択し、「仕上がりサイズ+塗り足し(上下左右3mmずつ)」のサイズで設定してください。

用紙設定 原寸サイズ(断ち切りに図柄がある場合、原寸サイズ+塗り足し上下左右に3mmで設定)

A5サイズ:154mm × 216mm 
B5サイズ:188mm × 263mm

配置画像 挿入する写真・イラストなどの解像度は、単色の場合350dpi〜600dpiフルカラーの場合は350dpiを使用してください。

※単色刷りの場合、挿入する写真などは必ず【グレースケール】でご用意ください。
挿絵などのイラストでアミ点トーン等を使用する場合は、アミ点にアンチエイリアスが付いていたり、アミ点の形がおかしかったりするとモアレが発生する原因になります。

Wordテンプレート(本文用)

入稿用PDF作成方法

最近のOfficeはPDF出力の機能が標準でついておりますが、booknextではよりトラブルの少ない「Cube PDF」を推奨しております。

CubePDF

CubePDF は、Web ブラウザや Microsoft Word, Excel, PowerPoint と言った様々なアプリケーションから、PDFに変換できます。

挿絵について

ClipStudioなどで挿絵を追加する場合はこちらの記事を参考にしてください。「Word原稿とClipstudioの挿絵を一つのPDFにまとめる方法

出力設定


1.「コントロールパネル」を開いて「デバイスとプリンターの表示」を選択。

2. プリンターのアイコンから「CubePDF」を選択、右クリックでメニューを出して詳細設定を選択。

3.詳細設定を選択。

4.用紙サイズから「PostScriptカスタムページサイズ」を選択。

5.作成する作品のサイズを入力して「OK」を選択。
A5サイズ:154×216
B5サイズ:188×263

6.最後に「適用」を選択して出力設定は終了です。

PDF出力

作品となるWordデータを開き「印刷」を選択。プリンターに「CubePDF」を選択、用紙サイズを「PostScriptカスタムページサイズ」を選択。これで印刷をしてCubePDFの画面が出たら「変換」を選択して終了。

PDF出力の際の注意点

フォントの確認
メニューバーの[ファイル]→[プロパティ]を選択し、文書のプロパティを開きます。
フォントが全て「埋め込みサブセット」になっているかご確認ください。
レイアウトの確認 PDFを開き文字の体裁に問題がないか、画像が不自然になっていないか等を全ページを目視にてご確認をしてください。
下記機能をご使用の場合は文字化けやレイアウトが変わってしまう可能性がありますので確認時にはご注意ください。

ボールドやイタリック等の文字装飾・ワードアート
罫線/透明効果/塗りつぶし効果/テクスチャ等の機能

PDFで入稿する際のポイント

データ入稿の際に仕様を選択する画面があります、その画面の一番下が本文入稿のファイル形式を選ぶようになります。こちらを選んでからPDF入稿するようお願いします。

画像ファイル」で入稿しようとすると、以下のようにエラーとなります。

エラーが出ても前の画面に戻って再度選択していただければ問題なく入稿できます。
PDFのファイルは1つまでとなっています、お手数ですが複数のPDFや挿絵(画像)を入稿する場合はPDFを一つにまとめていただくようお願いします。