簡単手軽に本作り!冊子の印刷はおまかせ!

同人誌の印刷方法について

オフセットとオンデマンドの違い

オンデマンド印刷(1部からの極小部数~少部数向き)

オンデマンド(on demand)印刷とは「要求に応じて」という意味で、必要に応じてその時々に作る方法を指します。実際にはデジタルデータを直接プリントするデジタル印刷と同義で使われています。オンデマンド印刷は版が必要ないので固定費が掛かりません。なので10部からの注文にもお答えできコストパフォーマンスに優れています。

また、当社で使用している印刷機ではオンデマンド印刷の欠点であったベタのテカリが軽減され、オフセットの品質に近づいています。この冊子のベタ部分のサンプルをご確認ください。

ただし再現性には物理的限界があり、印刷可能な用紙も限られます。広範囲のベタ、アミ、グラデーションにムラが出やすく、文字はわずかに太る可能性があることをご理解ください。

オフセット印刷(100部~大部数向き)

※50部からご注文いただけます。

オフセット印刷とは、インキ転写用の版を作り印刷する高品質の印刷方式です。繊細な線やトーン、広範囲のベタの再現性が高く、本やチラシなど商業印刷物のほとんどがオフセット印刷で作られています。

版が必要なので固定費はかかりますが、部数が多くなるほどに単価が下がるので大量生産向きです。

オンデマンド印刷とオフセット印刷の違い

2種の印刷方式を比較した場合の違いを説明していますが、デジタルプリンターの技術改良が進みオンデマンド印刷もかなり高品質になっています。その製品は、すでに十分な品質を備えています。

両者には大きな差はなくなりつつありますが、オフセット印刷機の方が大型でスペック的にも再現性が高い、高品位な印刷方式という位置づけです。

2種の印刷方式のコスト分岐点は100部~200部で、100部ではオンデマンドが安く200部を超えるとオフセットが安くなります。2種の印刷方式どちらを選んで注文するかはお客様次第ですが、100部以下はオンデマンド。100部以上はオフセットをオススメします。

100部は両方の注文をいただきますが、価格優先ならオンデマンド、品質優先ならオフセットということになります。

※オンデマンド印刷の欠点であったベタのテカリが軽減され、オフセット印刷の品質に近づいています。
booknextの印刷サンプルでご確認ください。

資料請求はこちら

booknextの印刷見本はオフセットとオンデマンドの比較もできます。同じデータをオフセットとオンデマンドで印刷することで実際どの程度違うのか?トーンの再現性やインクの違い、文字の太り方などRGBの色味など他社ではなかなかみられない盛りだくさんの内容でご利用できます。

一部印刷で使ったデータをダウンロードしてお使いのモニターと印刷物を比較することもできるので印刷時の不安要素をある程度払拭することができます。

印刷見本例

ブックネクストの印刷見本はオフセットとオンデマンドの比較にもなります。

資料請求はこちら